© Copyright Preparatory Specialized School Of Medicine. All Rights Reserved.

医学部専門の予備校の特徴

医学部独特の試験に対応

医学部は文系理系の分類で行くと理系に当たり、数学や理科の勉強を中心にしなければいけません。ただ多くの医学部ではそれ以外の科目のウエイトも高く、さらに学科試験以外に面接や小論文を課すところもあります。出題される問題も難しいですが、受験生のレベルも高いのでその中で高得点を取る必要があり、普通の理系を目指す予備校では対応が難しいでしょう。予備校の中には医学部専門を謳っているところがあり、医学部のみのところや医歯薬学部のみしかコースがないところがあります。医学部専門なので単なる理系にとどまらず医学部受験に対応した授業が受けられるのがメリットと言えるでしょう。面接や小論文のウエイトが高い学校でもしっかり得点が取れるよう指導をしてくれます。

学力不足の生徒にも対応

医学部を目指す生徒と言えば学校の中でも優秀な成績なのだろうと思うでしょう。おそらく多くはそれなりの成績なのでしょうが、一部はとても医学部の合格は難しいような生徒も目指しています。親が医師や病院を経営していたり資産家などのケースです。これらの生徒が一般の予備校の医学部コースなどに行ってもあまりに高度な授業すぎてついていけずいつまで経っても合格はできません。医学部専門の予備校によっては低学力の生徒に対応したところがあり、高校レベルの学力のない生徒も数年かけて合格させるカリキュラムを用意してくれています。個々の生徒の学力が異なるため集団授業の他に個別授業も取り入れられていて、少しずつ学力アップが目指せるようになっています。

医学部の現役合格はとても難易度が高いことで有名です。しかし、実際に現役で合格している方も存在しており十分に可能でしょう。