© Copyright Preparatory Specialized School Of Medicine. All Rights Reserved.

講師やカリキュラムの確認を

まずは一通り資料請求をしてみる

予備校にどんな講師がいて、どのようなカリキュラムを採用しているのかを手軽に知るためには、資料請求することをおすすめします。資料請求は予備校の公式ホームページや、直接電話することで取り寄せることができます。資料には講師一人一人の特徴だけでなく、採用しているカリキュラムについて細かく記載してあることが一般的です。指導方針は個別指導や少数指導などがありますが、性格や集中力の違いがあるため、どちらが優れているとは言い切れません。

講師も同様です。講師によっては向き不向きがあります。最悪の場合、伸ばしたい分野を伸ばすことができなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。体験授業を実施している予備校があったら、試しに参加してみるのもいいかもしれません。

大手予備校と医学部専門予備校の違い

医学部向けの予備校は大手予備校と医学部専門予備校があります。大手予備校の一番の特徴は、国立の医学部に強く、有名な講師が多く在籍していることです。カリキュラムも国立大学の対策が基礎となっており、一つの大学に絞って勉強している方よりも、様々な大学にも対応できるよう勉強している方に向いています。大手予備校のほとんどは集団授業を採用しています。

対して医学部専門予備校の特徴は、私立の医学部に強く、授業は少人数か個別指導が基本です。大手予備校と比べて浪人生が多く、一つや二つの大学に絞っている方がほとんどと言ってもいいでしょう。講師一人に対して受け持つ生徒数が一人~数人程度なので、苦手な分野を重点的に勉強することが可能です。大手予備校と比べて授業料は高めに設定されています。

医学部浪人を決めたけれど予備校通学が難しい方には、医学部の予備校の寮がおすすめです。医学部受験を目指す受験生の生活を理解し、受験生活をサポートするサービスを提供しているからです。